blog

2019.03.13[Wed]

熱戦の火蓋!

三月に入りました。11日で震災から8年。自分、40の時だった

のか、、。うーん。あんまり変わってないなぁ、、。と、話は変わって

釣りのお話。今年は1日が金曜日で忙しかったのでさすがに渓には向かえず

次の日曜日の休みがらみで入渓。何とか遊んで貰いました!それからもあちこち

から釣果や目撃情報が飛び交い例年通り忙しい3月を過ごす日々、、。今週は

上流に行こうと思いきや強風に見舞われ、その代わり波が出るのでヒラスズキを

狙うも撃沈!姿が見えるも全くの無反応、、。その後日、ポッと空いた日が出来たので

上八川に行ってみる事に。師匠Ⅿいわく「長者川より魚影が濃い!」と言っていた。

しかし「魚の居る所と居ない所の差が極端」と言っていたので確認したエリアより

少し上から入渓。この日も鬼のような強風。虫のムの字もない厳しいコンディション。

「この先にパラダイスが待っているはず!」と釣り進む。途中でスマホのメール音が

したので確認。Ⅿ氏、下流でサツキマス釣ってやがる!!揺れる心。もうニンフでも

いいから一匹、顔が見たいと思っている頃だった。真新しい足跡を見つけた。この先は

打たれた居ると確信した。ノックアウト!ちょうど上りの階段があったので川から上がる。

タックルを仕舞い、せっかくだからもうちょい上を確認しようと「ジュリー号」で

駆け上がると案の定、エサ釣り師が釣りを終えて降りてきた。表情は釣れたのだろう

ニンニンしている!ん!!!!「四万十の大将」じゃないか!!~ご近所の居酒屋の

大将。獲物への嗅覚はすこぶるいい、海、山、川、何でも旬の物は採りまくる、そんな大将~

完全に心を折られて初めての上八川釣行は終わった。しかし諦め切れず帰り道、通称

ポイント「1945」で一発逆転を!!と願うも本流はまだ冬でした、、、、。

写真は一週目に遊んでくれたアメゴちゃん!この後シラメを釣ってビックリ!こんな

山中でシラメに出会うなんて思ってもみなかった。(汗)

2019.02.28[Thu]

サンバーのおじさん。

この景色を年間、どれだけ見るだろうか、、、。

200、いやひょっとしたら300日近く見ているかも。

ここは自宅と海の中間地点「アマド」。シーバス、サツキマスの

釣りでは仁淀屈指の一級ポイント。日課のパトロールの途中、必ず

立ち寄る。足場が高く川の状況を確認するのにもってこいの場所なのだ。

その日も先日見つけた稚鮎の登り具合を確認しようと川を覗き込んでいた。

やけに吹かす軽トラが通り過ぎて行った、、、。位にしか思わなかった。

が、その音がまた近づいて来た。「こんにちはー!」の声と共に

そのおじさんはやって来た。「おまんの軽トラかっこえいの~!ちょっと

見せてくれん?」とニコニコしながら近づいて来た。どうやらこのジュリー号が

目に留まって引き返してきたとの事。聞けば前に仕事のお仲間さんにハイゼットの

後ろに小窓が付いてるタイプいわゆる~ジャンボ~はいい!と勧められたらしい。

年の頃からして60過ぎ、サンバーの荷台には道具箱やバケツ。推測するに

水道屋さんか左官屋さん、、、の小柄なおじさん。「デフロックはついちゅうが?」から

始まり怒涛の質問攻め!「浜も走れて農機具も詰める。となったらこの車になった。」

と変えた経緯を説明するとおじさん、アユ釣りが好きらしく釣り用にジムニーを持っている

ものの「一台にまとまらんもんかのう、、、。」と考えていたらしくジュリー号を見て

「これだ!」話が聞きたい!!と引き返してきたそう。正確には伝えなかったものの

「まあまあするよ」と値段の話に、、。「やっぱり、、、。」とおじさん腕組み。

最後に車を作ってくれたのは「但東自動車さん」。きっと希望を叶えてくれますよ!!

と伝え別れた。思えばこのポイント、のちに自分の釣り、いや高知での暮らしにさえ

関係してくるさまざまな人達に出会った場所、、、。いつかここで違う「あげトラ」に

出会ったらあのおじさんかもしれない、、、。そして明日から3月!忙しくなるぞ!

~去年の解禁は大雨からの大風。今年は1日が金曜日で、、、。最初の日曜、天気予報は、、、。(涙)~

2019.02.17[Sun]

試してみて、、、。

節分が来たらジャガイモを植える。親戚のおじさんに教わって以来

その「体内時計」的機能は働いている。よってジャガイモを植える

時期なのだが、、。例年だとこの時期に種イモを調達するため種苗店や

ネットで買っていた。今年は「ある事」を試してみたいと思いつき

ま、失敗だったら例年通り種イモを確保すればいっかと、、、、、。

ジャガイモは春と秋、(高知などの暖かい地域では)2回植えることが出来る。

秋植であまりいい思いをしたことが無かったからかずっとジャガイモは春一本

で植えてきた。春のジャガイモが良かったお陰で余ったジャガイモが多数。

これを翌年の種イモにでもなればと秋植にしてみた。芋類は温度をキープしないと

痛むことが多くサツマイモ、山芋なんかも越冬には神経を使う。そんな時、

あれはまだ女房の実家で野菜を作っている頃だった。裏の農家さんがお米の

後作でジャガイモを作っていた。普通、秋植のジャガイモは夏の終わり頃植えたら

霜が降りる頃には掘り終わる、と思っていた。その農家さんがいつまで経っても

植えっぱなしでいつ掘るんだろうと思っていたある日、掘りに来た。そこで、

「今頃になっても大丈夫なんですか?」と聞くと、「土の中が一番ええき!土寄せして

やっている時にいるばあ掘ったらええがよ!」と言っていたのを思い出し秋に植えた

ジャガイモにせっせと寄せ土を数回繰り返し、、、。先日掘ってみると、、。

おおっ!なんと!数、サイズ共に上出来ではないか!!「ああどうせ大した事は、、。」

なんて思っていたから掘るテンションも上がる上がる!こんな事なら毎年こうしておけば

良かった!なんて言いつつも今年は暖冬とか色んな好条件が揃っただけかもしれないし、

油断せず、毎年新一年生を忘れずに、、、。

2019.01.31[Thu]

冬の間に、、、。

1月もあっという間に最終日。明日から2月。ってことは

3月が近づいて来ている!!非常にマズい!!今年こそ3月頭から

いい釣りをするためには冬の内にやっておかないといけない事が

山積み、、、。畑をガッスリ耕してジャガイモを植える。さらに

田んぼの準備も始めないと。3月の一週目には苗床の準備があるから

それまでに。そして休眠している間に伸びすぎた果樹の選定作業とハウスの

中の準備等々やっておかないと落ち着いて解禁日を迎えられない!!

さらにさらに!一番大事なのは釣り場のポジション整備。やはり一発目は

河口付近まで下りてきている「シラメちゃん」を釣りたい!フライでの釣りの

特性上、投げるスペースが居る。それを確保しないと釣りにならないので

冬の間にせっせと草刈りなどをするのが恒例。今年もその時期が近づいて来た。

さらにフライも巻き貯めておきたい。なんて毎年思うけど、釣りに行く直前に

ならないとスイッチが入らない、、、。んなもんだから慌てて巻いて「これで

いっか」と現場に行き、後でよくよく見たら「なんじゃこりゃ?」的なフライが

しばしば(汗)毎日行っているパトロール中に釣り物を見つけたりしたら今度は

そいつを「どんなフライで釣ってやろうか」と横道にそれがちになったり、、、。

こんな事を書いているが次の大潮が迫ってきている。頭の中は写真のエバ(メッキ)を

フライでジャンジャン釣ってやろう!で頭の中はほぼほぼ支配されている。さて冬の

宿題はどこまでこなす事が出来るのやら、、、、。

2019.01.05[Sat]

明けましておめでとうございます。

さあ始まりました2019年。明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。魚屋さんなどのスケジュールもあって

今年は少しスタート遅めの7日からの営業になりますが、ゆっくりは

正直出来ていません、、、。そんな中、今年も例年通り初釣りには

行ってきました!宇佐のT貸船店さんで船を借りての出港!!しかし

今回はいつも生きエビを使ったテンヤ釣りが恒例なのだが入荷が無く

アジを使った泳がせ釣りにこちらの方が大物の期待が出来ると張り切って

居たものの、、、。午前中は風が強くてポイントにうまく付けられず。

風が収まった午後は魚探のいい反応が出る所をなかなか見つけられずと

新米船長には厳しい新年の船出。船首に陣取ったⅠ兄貴が釣ったハマチサイズの

青物といい型のオオモンハタのみという寂しい結果、、、。まだまだ不慣れで

会心のポイントビタ付けは最後のひと流しのみだった。寂しい!がしかし、

この魚たちが旨かった!!特にオオモンハタは脂もバッチリ!肝もぷっくらで

肝和えで頂いちゃいました!!土佐湾のいわゆるブリ系の魚は脂も無いし虫が

入っている事が多く期待して無かったけどこちらも刺身であっさり、後はお鍋で

美味しく頂きました!!そんな中、地元ホームの仁淀ではエバ(ロウニンアジや

ギンガメアジの子供)が釣れているとの情報が飛び込んできて現場に向かうも

人、人、人!!2019年まだ竿を曲げていない自分にとっては縋りたいチャンス!!

でもあの状況は中々釣れないんだよなぁ、、、。そしてこんな事を思い出した、、。

実は新年、クーラーボックスを新調した。その時の師匠Ⅿの一言。「そんなんすると

大体釣れんでね~。」確かにたも網やクーラー、魚を掴むグリップ等、魚に直に

触るものを新調すると釣れない気がする、、。何か念みたいなものがあるのだろうか?

そこを跳ね除け早いとこいい情報を提供したい、、、、。

住所